愛知県神道青年会
平成27、28年度 活動報告
・愛知県神道青年会の活動報告です。
・定例会・委員会開催の報告をして参ります。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

2月定例会「豊橋筆を作ろう」
2017/02/22

平成29年2月14日(火)に豊橋のまちなかにて、2月定例会「豊橋筆を作ろう」と題打った、研修会を開催いたしました。まず、13時に豊橋駅前の商店街に鎮座する白山比盗_社で正式参拝し、境内にある、筆塚や豊橋筆中興の祖と云われる小林仁一郎の碑・安倍晋三内閣総理大臣揮毫の扁額を見学・説明を頂きました。
場所を、近くの開発ビルの会議室に移動し、豊橋筆の職人である伝統工芸士 杉浦美充先生より、筆の歴史・製筆過程の説明、実体験をさせていただきました。ここ50年で筆記道具は、筆から鉛筆・ボールペンに主役の座が移ってしまいましたが、それでも、中国の殷時代から始まる2000年の歴史を持つ、筆の奥深さを学べた、良き研修会でした。



平成29年「禊」及び「新年賀詞交歓会」
2017/01/28

平成29年1月25日の寒さ、たいへん厳しい日に、「禊」及び「新年賀詞交歓会」が熱田神宮にて開催されました。まず、16時30分に、文化殿に集合・着替え、17時に御垣内参拝を行い、龍影閣にて禊を行いました。18時30分に、熱田神宮前の「魚民」にて「新年賀詞交歓会」を開催し、迎春を祝いつつ、会員相互の親睦を深めました。



臨時総会並びに平成28年度納会
2016/12/25

去る、平成28年12月14日(水)に「臨時総会並びに平成28年度納会」が熱田神宮会館にて開催されました。まず、16時から桃季の間にて臨時総会が開催され、岡崎市に鎮座される六所神社 大竹宗君が次期会長に選出されました。17時30分からの納会では、小串和夫庁長より「大島丸から大竹丸に引き継がれるが、将来ますます技術の進化で社会がどう進むか分からないため、若人は先を見越して対応しなくてはならない」と祝辞・訓示を頂きました。これに応えるように、大竹次期会長の抱負で「ここでリーダーシップの勉強をし、自社の氏子を率いて行きたい」と意気込みを語りました。



11月定例会「神主の歌心」
2016/12/7

青年神職として、神道を核としながらも様々な日本の伝統文化を守り伝えていく為に発足した「日本の伝統を守り伝える委員会」の第3回目の定例会を開催しました。
 今回の定例会は、日本の代表的伝統文化であり神道にも縁の深い和歌について、元神宮職員で歌人としても知られる谷分道長先生にご講演を賜りました。
永らく神明奉仕をされた谷分先生より、特に日々神明奉仕に励む者ならではの、和歌の感性についてお話を頂き、今回の講習会のタイトルでもある「神主の歌心」を磨きました。



10月定例会「紀元二千七百年奉祝を考える会」
2016/12/7

去る10月19日(水)名古屋市市政資料館において10月定例会「紀元二千七百年奉祝を考える会」が開催されました。本年は神武天皇二千六百年祭にあたり、神武創業のご聖徳が称えられております。神道青年全国協議会は6月8日、奈良県の橿原神宮において神武天皇二千六百年記念事業として「国家安寧祈願祭」を斎行しました。思えば今年は紀元二千六百七十六年にあたり、あと二十四年経つと紀元二千七百年を迎えます。昭和16年の紀元二千六百年奉祝が盛大な国家行事であった事の足跡を辿るべく、行政の中心である名古屋市中心の官庁街に集い、当時の行政資料に触れることによって、来たる時に私たちは何をすべきかを考える良い機会となりました。今となっては各地の紀元二千六百年を記念した行事・史跡等が人々の記憶から遠のいており、私たちは今一度見直す必要があるかもしれません。



9月定例会 平成28年度 神道青年東海地区協議会総会並び教化研修会
2016/10/18

去る、9月20・21日に、9月定例会 平成28年度 神道青年東海地区協議会総会並び教化研修会が開催されました。
初日は、台風16号の接近で荒れた天候での開催となり、交通機関の乱れで欠席者も出てしまいましたが、それでも総勢127名の参加者で盛大に行われました。
午前10時に熱田神宮御垣内参拝を行い、午後12時30分より、愛知県神社庁 小串和夫庁長、神道青年全国協議会 北川貴史副会長など、多くの来賓のご臨席のもと総会が開催され、その後の議事審議や報告を行い、満場一致で採決されました。
総会後の「おかざき塾歴史教室」市橋章男先生による教化研修会は、第一講目、「源氏と・足川一門と尾張、三河」―三英傑を輩出した土壌―、第二講目 「戦国の終焉、大阪の陣」―徳川家康はなぜ豊臣を滅ぼさなければならなかったのかー のテーマで講演頂き、たいへん興味深く、素晴らしいものでありました。この後、ホテル名古屋ガーデンパレスに移動し、他県の青年会員と親睦・懇親を深めました。
21日の親睦行事は、日本一の出荷量を誇る弥富の金魚を使った金魚すくい大会を行いました。水槽の中の魚の美しさを鑑賞しつつ、参加した人たちは皆、童心に帰り楽しんで頂きました。



8月定例会 あけぼの学園ボランティア活動
2016/08/29

本年も、8月20日 土曜日に名古屋市天白区のあけぼの学園盆踊り大会のボランティア活動に参加しました。暦の上では秋ですが、まだまだ残暑が厳しい中、水風船釣りコーナーを中心に、子供達に楽しんもらうべく、大島会長はじめ会員一同がんばって参りました。フィナーレの盆踊りが終わるときには、会場はすっかり暗くなり、秋が近いなと感じる涼しい風が少し吹き、何とも云えぬ達成感を感じ得ました。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -