愛知県神道青年会
平成27、28年度 活動報告
・愛知県神道青年会の活動報告です。
・定例会・委員会開催の報告をして参ります。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

4月定例会『老人ホーム訪問』in弥富
2013/04/9

『老人ホーム輪中の郷』訪問

同施設には介護認定3から5までの方も入所されており、また、デイサービスも行っている介護施設である。

0メートル地帯に開所する3階建ての同施設では、有事に備えての防災訓練は月に2回実施されており、日中の想定、また、夜間の想定をともに実地訓練を行っている。入所者全員とともに避難訓練し、その日の当直者だけでどうのように対応できるかを考察するという徹底ぶりである。災害発生から約20分で同施設内からの避難が完了するとのことであった。

津波災害での屋上への避難と、火災などの屋外への避難ではケースバイケースだと思うが、実際に施設を訪問した見立てでは、驚異的なスピードである。現実的には職員だけで避難させるというのは到底不可能であるので、近隣の住民に有事のときの避難先として認知してもらうとともに、防災グッズなど配るなどして日頃の訓練にも参加してもらえるよう声がけをしているとのことであった。

高度の介護施設というと病院と介護のハザマのようなイメージがあったが、病院とは全く違っていた。当たり前のことかも知れないが、治療して帰すということではなく、自宅では不自由のある人が生活しやすいように介護する施設であった。館内では平和が丘一丁目とか、自由が丘二丁目などのように各入所者の部屋は住所名となっており、長期入所者の約80名がここを終の棲家とし、住民票までも移していることからも、そこがまさしく家であり、家族であって、ひとつの町のようであった。ここでは、入所者のことを住人さんと呼んでいた。

こうした真剣に介護に取り組む姿勢の施設ばかりではないのかもしれない。しかし、超後期高齢化社会の介護制度にひいては介護施設そのものに陰惨な暗いイメージ持っていたが、今回同施設を訪問させて頂き、その考えはきれいさっぱり払拭された。住人さんは一様に明るく、職員の方も楽しそうであった。

なお、入所者の究極の願いは皆ひとつ、
ぽっくり逝きたいね、とのことである。
http://www15.ocn.ne.jp/~yafuku/index2.html
https://www.facebook.com/pages/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%A6%8F%E7%A5%89%E6%B3%95%E4%BA%BA-%E5%BC%A5%E5%AF%8C%E7%A6%8F%E7%A5%89%E4%BC%9A/537576876273707?fref=ts
face bookを覗いてみてみて下さい。

報告者 広報委員会



平成24年度神道青年全国協議会中央研修会
2013/03/14

平成24年度神道青年全国協議会中央研修会in高知

期日 平成25年3月13日、14日

会場 ザ クラウンパレス新急高知

参加総数約350名(愛知県より9名参加)

主題 『維新』 立ち上がれ! 現代の草莽の志士

講師

教授 原口 泉先生

俳優 今井雅之先生

軍事ジャーナリスト 井上和彦先生



愛宗青恒例 宗派対抗ボーリング大会
2013/03/07

3月6日(水)15:15
名鉄レジャックボールにて開催 



2月定例会「認知症サポーターになろう!」
2013/02/27

本日、豊田産業文化センターにおいて、豊田市役所高齢福祉課ならび豊田市基幹包括支援センターより、講師の先生をお招きし、認知症サポーター並び介護保険制度の基礎知識を深める研修を行いました。
急速に高齢化が進む日本は、社会・家族、そして自分自身のことを含め介護問題は、だれでも関わり、起こりうる問題であります。
人間の尊厳を保ちながら、病気の対処と介護を行う重要性、それを支える制度について講義ならび講師先生方の寸劇を交え学び、深く考えさせられました。



遷宮啓発研修会
2013/02/18

神青東海地区協議会遷宮啓発研修会

開催地 伊勢神宮 神宮司庁
講師 神宮主事 音羽 悟先生

愛知県より7名の参加。(総勢42名)

満腹食堂にて昼食、ノスタルジーな想いに浸りながら、神宮へと向かう。
まず、正宮への参拝があり、新造のご社殿も垣間見ることができた。
大屋根の一部が参道よりも覗いており、いよいよ完成間近という事実を実感することができた。
そういえば新正宮への石段の形状が自然石からフラットに改めており、
名物「天割れ」の石ってここじゃなかったかなとも思った。
さて、講義では、伊勢神宮の年間の祭儀と御装束神について映像を交えて、神宮職員である先生に実際に関わる者としての貴重なお話を頂いた。
遷宮にまたご神宝に携わるということは気の遠くなるような行程を
幾重にも重ねられていることがわかった。
遷宮を迎えるにあたって、新たに勉強したことを
神社に持ち帰り、日々の研鑽に務めたいです。
一色&甘利

なお、愛知県神道青年会製作の遷宮啓発パンフレットを参加者へと
配布致しました。



「塀の中の神道」 1/28
2013/01/29

若宮八幡社宮司副野均氏の講話並びに賀詞交換会

獄窓からの一句

故郷に 叱られたくて 汽車に乗る



納会にてお披露目
2012/12/25

師走の社務御多忙中、お元気でお過ごしでしょうか?

さて、過日の愛知県神道青年会臨時総会及び納会におきまして、
完成致しました神話劇の絵本を御披露目させて戴きました。
小串庁長様をはじめ、牧野白井両副庁長様他、ご来賓の皆様より、
ありがたいことに、お褒めのお言葉を沢山頂戴致しました。

完成絵本は遊花幼稚園に寄贈いたしますことご報告申しあげます。 
ありがとうございました。 西塚仁詞

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -